背景

vCD(VMware Cloud Director)環境下でのTanzuクラスタ作成に関する記事が少なかったので、記事にしてみる。

環境情報

  • CSE 3.1.2

事前準備

  • vCDとCSEの構築はすでに済んでいるものと仮定する

Step 1 vCDコンソールのKubernetes Container Clusters の画面を開く

Kubernetes Container Clusters


Step 2 Newボタンをクリックして下記の画面を表示する

Kubernetes Container Clusters


Step 3 クラスタタイプの選択

  • NativeクラスタがTKGクラスタを使用するか選択する Kubernetes Container Clusters

Step 4 クラスタテンプレートとSSH keyの指定

Kubernetes Container Clusters


Step 5 OVDCの選択

Kubernetes Container Clusters


Step 6 Master, Workerの設定

  • masterノード、workerノードの設定を行う

Kubernetes Container Clusters


Step 7 ストレージの設定

  • 使用するストレージを選択する

Kubernetes Container Clusters


Step 8 OVDC NWの設定

  • OVDC NW(Tier 1 GW下のNW)の選択を行う

Kubernetes Container Clusters


Step 9 Kubernetes NWの設定

  • PodとServiceのNW設定を行う

Kubernetes Container Clusters


Step 10 最終確認してクラスタ作成

  • クラスタ設定を再確認する

Kubernetes Container Clusters


参考動画

最後に

以上でTKGクラスタを作成できました。
意外と簡単にTKGクラスタができて便利ですね!!