Hero Image
最小インストールしたCentOS7にGUIを導入する

背景 CentOS7を新規インストール時、不要なパッケージを入れたくなかったので「Minimal ISO」のイメージを使用しました。当然ながらGUI環境が入ってなかったので、GUIを使えるように、追加でインストールを行いました。 GUI環境のインストール まずはGUI環境を以下のコマンドでインストールします。「groupinstall」を使えば、関連するパッケージ群を1つのグループとしてまとめてインストール可能です。 sudo yum -y groupinstall "GNOME Desktop" GUIを有効化する GUI環境一式のインストール完了したら、以下のコマンドでGUIを有効にします。 startx 有効化すると以下のような初期設定画面が表示されるので、言語設定などをします。 初期設定が完了すると、GUI環境で作業ができるようになる。 GUI環境で起動するようにする GUI環境は整ったが、このままではシステムを再起動するとCUIに戻ってしまいます。 次回起動時もGUI環境で立ち上げたい場合は、システム起動時のランレベルを変えてあげる必要があります。ランレベルは簡単に言えば「起動モード」みたいなものです。 sudo systemctl set-default graphical.target これで次回起動時からGUI環境で立ち上がるようになります。ちなみに、「やっぱり起動時はCUIにしたい」というときは以下のコマンドで元に戻せます。 sudo systemctl set-default multi-user.target