Hero Image
nfsstatコマンドで出力される項目の理解の仕方

RC : Reply Cache FH: File Handles stale file handles NFS クライアントが開いたファイルまたはディレクトリが、サーバー上で削除されたかまたは置き換えられました。 IO: Input Output ディスクから読み取ったバイトの総量と、ディスクに書き出したバイトの総量 TH: Threads NFSプロセスのスレッドの情報 Threads NFSデーモンによって使用されているスレッドの数 fullcnt すべてのNFSスレッドが利用された総数 RA: Read Ahead Cache Read ahead cache 連続したブロックのリクエストが予想されるときに使用されるキャッシュである。あるブロックの読み出しが要求された時、そのブロックの次のブロックが読み出される可能性が高い。そのため、NFSのスレッドはこれらの次のブロックをキャッシュする。 cache size 大抵スレッド数の2倍 10%-100% ブロックが見つかった深さの度数分布 not found read-ahead cacheになかった回数 NET: Network ネットワークの使用率統計 netcount 全てのパケットの数 UDPcount 全てのUDPパケット数 TCPcount 全てのTCPパケット数 TCPconnect 全てのTCPコネクションの数 RPC: remote procedure call NFSは、クライアントとサーバの間のリクエストを道づけるためにRPCに依存する rpccount 全てのRPCの命令 badcnt badfmt badauth badclnt の総数 badfmt ほとんどのbad call badauth 認証ミス badcInt 使用されず Proc2 Proc 2 v2プロトコルを使用するNFSクライアントの状態。これはかなり古く、(1989年)v3やv4でなくv2を使う十分な理由は見つからない。 操作はv3プロトコルとほとんど変わらない

Hero Image
SquidでProxyサーバを構築する

CentOSでプロキシサーバを構築する 背景 業務でインターネット接続ができないサーバから、インターネットに接続できるサーバをproxyとして外部NWと通信する必要があった。今後も似たようなことは多いと思われるのでこちらにまとめる。 Proxyとして動作させるサーバへSquidをセットアップする yumでインストールを行う sudo yum update sudo yum install squid バージョンを確認して正常にインストール出来ていることを確認する。 squid -v Squidの自動起動設定を行い、再起動する。 sudo systemctl enable squid sudo systemctl restart squid 4.Squidがポート3128を使用していることを確認する。 sudo lsof -i:3128 5.出力例 COMMAND PID USER FD TYPE DEVICE SIZE/OFF NODE NAME squid 21800 squid 11u IPv6 37157 0t0 TCP *:squid (LISTEN) 6.firewallの穴あけ デフォルトではSquidのポートは3128が設定されており、Port番号3128へ送られるパケットは受け取れるように設定する。 sudo firewall-cmd --zone=public --permanent --add-port=3128/tcp #許可ポートの追加 sudo firewall-cmd --reload #設定反映 sudo firewall-cmd --zone=public --list-all #結果確認(portに3128が追加されていることを確認) proxy clientへのセットアップ proxyを踏み台にプライベートIPでclientにSSHする。 それぞれの設定ファイルにプロキシの設定を記入する。

Hero Image
最小インストールしたCentOS7にGUIを導入する

背景 CentOS7を新規インストール時、不要なパッケージを入れたくなかったので「Minimal ISO」のイメージを使用しました。当然ながらGUI環境が入ってなかったので、GUIを使えるように、追加でインストールを行いました。 GUI環境のインストール まずはGUI環境を以下のコマンドでインストールします。「groupinstall」を使えば、関連するパッケージ群を1つのグループとしてまとめてインストール可能です。 sudo yum -y groupinstall "GNOME Desktop" GUIを有効化する GUI環境一式のインストール完了したら、以下のコマンドでGUIを有効にします。 startx 有効化すると以下のような初期設定画面が表示されるので、言語設定などをします。 初期設定が完了すると、GUI環境で作業ができるようになる。 GUI環境で起動するようにする GUI環境は整ったが、このままではシステムを再起動するとCUIに戻ってしまいます。 次回起動時もGUI環境で立ち上げたい場合は、システム起動時のランレベルを変えてあげる必要があります。ランレベルは簡単に言えば「起動モード」みたいなものです。 sudo systemctl set-default graphical.target これで次回起動時からGUI環境で立ち上がるようになります。ちなみに、「やっぱり起動時はCUIにしたい」というときは以下のコマンドで元に戻せます。 sudo systemctl set-default multi-user.target