Author Image

初めまして。当ブログへようこそ Rikuto

Rikuto

Infrastructure & DevOps Engineer at 通信会社

インフラエンジニアとして3年の業務経験があります。 GOを用いたOSSの開発経験があります。 Kubernetes using GO. My tools help people to deploy their workloads in Kubernetes. Sometimes, I work on some fun projects such as writing a theme, etc.

リーダーシップ
チームワーク
協調性

保有スキル

略歴

1
インフラ・DevOpsエンジニア
前職

April 2020 - Present, Tokyo, Japan

日本を代表する通信企業で、映像解析用のサーバ・NW基盤の構築に従事。

Responsibilities:
  • OpenShift Container PlatformとGPUを利用したコンテナ型映像解析プラットフォームの構築。
  • Helm, Jenkins, GitLab CI/CDを利用したコンテナ型アプリケーションの自動デプロイの仕組みを構築
  • FFmpegを用いた、映像配信の仕組みを構築

インフラ・DevOpsエンジニア
現職

March 2016 - May 2017, Tokyo, Japan

通信キャリア(大手4社のうちの一つ)に勤めております。エッジコンピューティング基盤の構築に従事しております。

Responsibilities:
  • Volterraを利用したエッジコンピューティング基盤の構築
  • Google Cloud のAnthosの検証
  • VMware Tanzu製品の検証
2

参画プロジェクト

Kubernetes
Contributor April 2020 - Present

事業用のコンテナ基盤の開発への従事経験。OpenShift, Tanzu, EKS, Anthos, Volterraの利用経験あり。

Tensorflow
Developer April 2020 - Present

OSSの機械学習フレームワークであるTensorflowを用いたAIアプリの開発経験。GPUの利用経験あり。

Toha
Owner Apr 2020 - Present

A Hugo theme for personal portfolio.

最近の投稿

Card image cap
OpenShift Interactive Learning Portal 1 Deploying Applications From Images

はじめに OpenShift Interactive Learning Portal の Deploying Applications From Images コースをCodeReady Container環境で行う。 https://learn.openshift.com/introduction/deploying-images/ 学習内容 OpenShiftを使用する場合、アプリケーションを追加する方法はいくつかある。 主な方法は次のとおり。 既存のコンテナイメージからアプリケーションをデプロイする Source-to-Imageビルダーを使用して、Gitリポジトリーに含まれているソースコードからビルドおよびデプロイする DockerfileのGitリポジトリに含まれるソースコードからビルドしてデプロイする このコースでは、OpenShift Webコンソールおよびocコマンドをを使用して、既存のコンテナイメージからアプリケーションをデプロイする方法を学習する。 環境 以下で作成したCodeReady Container環境を使用 http://10.88.10.20:8080/open.knowledge/view/40?offset=0 Deploying Using the Command Line developerユーザでログインする。 [crc@codeready ~]$ oc login -u developer -p developer Login successful. projectは以前作成した「myproject」を使用する。 [crc@codeready ~]$ oc project Using project "myproject" on server "https://api.crc.testing:6443". デプロイするimageの名前を指定して、それがコマンドラインから有効かどうかを確認するには、oc new-app –searchコマンドを使用する。 →以下の表示結果からは、Docuer Hubレジストリにimageがあることが分かる。 [crc@codeready ~]$ oc new-app --search openshiftkatacoda/blog-django-py Docker images (oc new-app --docker-image=<docker-image> [--code=<source>]) ----- openshiftkatacoda/blog-django-py Registry: Docker Hub Tags: latest imageをデプロイするには次のコマンドを実行する。